よくある質問




   
 掛金に関すること

  保険料や掛金の額はどのように決めるのですか?  
         
         
    加入員の方は、毎月の給与と賞与から国には厚生年金保険料を、当基金には掛金を納めています。保険料と掛金額は、毎月の給与をもとにした標準報酬月額(基金では報酬標準給与)と賞与をもとにした標準賞与額(基金では賞与標準給与)に保険料率、掛金率を乗じてそれぞれ算出されます。
標準報酬月額(報酬標準給与)は、4、5、6月の給与の平均をもとに31に区分された等級に当てはめたもので、毎年9月に定期的に等級の見直しを行います。標準賞与額(賞与標準給与)は賞与の1,000円未満の額を切り捨てた額で150万円が上限です。
*賞与から納めるのは、国の厚生年金保険料と当基金の基本標準掛金です。
  
         


     産休及び育児休業期間中の掛金の取り扱いはどのようになりますか?  
         
         
    加入員が産休及び育児休業を取得したときは、国の厚生年金保険料と当基金の基本標準掛金のうち代行部分の掛金(免除保険料)が事業主、加入員ともに免除されます。
なお、育児休業中に免除された保険料、掛金も年金額の計算の対象となり、加入員期間に算入されますので、年金額が減少するようなことはありません。