よくある質問




   
 給付に関すること

     信用金庫年金の年金は何歳から受けられますか?    
         
         
    基本年金のうち代行部分は国の老齢厚生年金の報酬比例部分を代行しているため、国と同様に生年月日により60~65歳(下表参照)から受けられます。ただし、平成13年4月1日前に当基金の受給権を取得している方は、60歳から受けられます。
なお、基金独自の上乗せ年金(基本年金のうち付加部分、DB加算年金、CB加算年金) は退職していれば60歳から受けられます。
 
■代行部分の支給開始年齢
生年月日(男性)  生年月日(女性)   受給開始年齢  
 昭28.4.1以前   昭33.4.1以前  60歳 
 昭28.4.2~30.4.1    昭33.4.2~35.4.1   61歳 
 昭30.4.2~32.4.1    昭35.4.2~37.4.1   62歳 
 昭32.4.2~34.4.1    昭37.4.2~39.4.1   63歳 
 昭34.4.2~36.4.1    昭39.4.2~41.4.1   64歳 
 昭36.4.2以降   昭41.4.2以降  65歳 
  
         


     加算年金を受けられる条件は何ですか?  
         
         
    加入期間が10年以上ある方、および55歳以上で加入員資格を喪失した方は加入期間に関わりなく加算年金(DB加算年金、CB加算年金)が受けられます。   
         


     加算年金を選択一時金で受けた場合、どれくらいの額が受けられますか?  
         
         
    CB加算部分の仮想個人勘定残高(加入員本人が拠出した加算標準掛金とその利息額の合計)が選択一時金として受けられます。
なお、選択一時金は仮想個人勘定残高の全部(100%)を一時金で受けるほかに、一部(25、50、75%)を選択一時金で受け、残りをCB加算年金として受けることもできます。
  
         


     加入員が亡くなったとき、信用金庫年金からの給付はありますか?  
         
         
    加入員が亡くなられた場合、本人が受けるはずであった加算部分(DB加算部分、CB加算部分)の年金給付を清算し、一時金として遺族の方に支給します。
●加入期間10年未満かつ55歳未満の加入員が死亡した場合
 

●加入期間10年以上、または55歳以上の加入員が死亡した場合
 
*基本部分には遺族年金の制度はなく、基金に加入していた期間の代行部分の給付は国に振り替わり、国から遺族厚生年金として支給されます。
  
         


     信用金庫年金から支給される年金に物価スライドはありますか?  
         
         
    物価スライドの対象となりますが、ただしスライド分の財源は国に納付しているため、物価スライド分は国の年金に含まれます。このため、当基金の基本年金は物価スライドしません。
当基金の基本年金額は国の老齢厚生年金(報酬比例部分)の一部を国に代わって支給しているものですので、調整は標準報酬月額の再評価分(過去の給与の価値を現在の価値に換算)と、物価上昇によるスライド分を含めて国の年金額を計算し、そこから基金で代行している年金額を差し引く方法が取られています。
  
         


     60歳で信用金庫を退職しました。再就職した場合、基金の年金はどうなりますか?  
         
         
    60歳以降に勤務する方(厚生年金に加入)は、国からは老齢厚生年金が、当基金からは基本年金が支給されますが、年金月額と賃金(総報酬月額相当額)の合計が一定額以上の場合は、年金が支給調整されます。年金の支給調整のしかたは60歳代前半と65歳以降では異なり、60歳代前半の場合は合計が28万円、65歳以降は46万円を超えると、その1/2に相当する額が年金から支給調整されます。
なお、厚生年金に加入せずに勤務する場合には、賃金の多寡に関わらず年金は全額支給されます。
*当基金の加算年金は60~65歳の間、当基金の加入事業所に勤務していると、退職または65歳になるまで支給されません。
  
         


     信用金庫を10年未満(55歳未満)で退職しましたが、年金は受けられますか?  
         
         
    当基金の基本年金は加入期間1カ月以上あれば受けることができます。
また、加入期間が10年未満かつ55歳未満で退職した場合は、CB加算部分から退職時の仮想個人勘定残高を一時金で受けることができます。なお、一時金相当額を他の企業年金制度等に移して将来年金として受けることもできます。
加入10年未満かつ55歳未満で退職した方が受ける給付
  
         


     雇用保険の基本手当(失業給付)を受給した場合、基金の年金は支給されますか?  
         
         
    生年月日が昭和13年4月2日以降で、当基金の受給権取得年月が平成10年4月以降の方は、雇用保険の失業給付を受けている間は、国の老齢厚生年金と当基金の基本年金が全額支給停止になります。 なお、加算年金(DB加算年金、CB加算年金)は、全額支給されます。

 
  
         


     信用金庫年金には遺族年金制度がありますか?  
         
         
    当基金には遺族年金制度はありません。
厚生年金保険には、老齢年金、障害年金、遺族年金の3種類の給付がありますが、このうち基金は老齢厚生年金を国から預かり基本年金として運営(代行)しています。このため、基金に加入していた方が亡くなった場合、基本年金に相当する部分の遺族年金給付は国に振り替わり、遺族厚生年金として国から支給されます。
一方、加算年金は保証期間が付いた年金で、加算年金を受ける前、または受けている方が保証期間*内に亡くなった場合には、残りの保証期間に応じた一時金が遺族に支給されます。
*保証期間:本人の生死に関わらず年金が支給される期間。(DB)加算年金の保証期間は15年、CB加算年金は本人の選択した期間(5、10、15、20年の有期年金)です。